マッチングアプリ 恋愛

Omiaiで知り合った人と1週間だけ付き合って別れた話

投稿日:1月 25, 2021 更新日:

こんにちは!かいりです!
今日は、Omiaiというマッチングアプリで知り合った人と1週間だけ付き合って別れた話をします。

あれは1月の寒い冬の出来事でした。その日、私は1週間前に付き合ったばかりの彼女と昼からデートに行きました。

まずは、ラーメン屋で腹ごしらえ。
デートのランチにラーメンかよ!ってツッコミはご遠慮ください。彼女とラーメン屋行けるくらいの関係が私は好きです。

その日のデートのメインは、映画でしたが、映画の上映時間は16時頃だったため、まだ3時間程度あります。

そこで、私は彼女に何をしたいか尋ねました。
ノープランかよってツッコミもやめてください。
その場でプランを決めるデートも、私は好きです。

彼女から返ってきた答えは「かいりの誕生日プレゼント買いたい」でした。

ええええ、予想外!私の誕生日は12月末です。付き合ったのは1月頭なので、普通祝わないですよね・・・?
なんて良い子なんだ!
良い子と付き合ったな!とその時は思いました。

何が欲しいかと聞かれ、財布とかGoproが欲しいと言いたかったですが、さすがに付き合ったばかりの関係であることと、彼女はあまり年収が高くないことを思い出し、それなら1万円前後の物が無難かなと思い、スニーカーを希望しました。

そして、私達はスニーカーを見に靴屋に向かいました。


私はスニーカーは履くんですが、けっこう好みにうるさいほうで、その日は3店舗程、靴屋を周りましたが、ピンと来るものはありませんでした。

そんなとき、彼女は言いました。
「ブーツは履かないの?」

私は、Dr.マーチンのブーツを1足だけ持っていて、たまに履きます。

その旨を彼女に伝えたところ、目の前にあるDr.マーチンのお店に入ることになりました。

実は元々欲しいブーツがあって、そのブーツを試し履きさせてもらうことになりました。

履いてみたら、あら!シックでかっこいい!
めっちゃ良いが、これは23100円・・・。

さすがに予算オーバーだろう。
そう思い、私は彼女に「店を出ようか」と言い、店を出ました。

そして、次の靴屋に行こうと歩いていたところ、彼女と以下のような会話をしました。

彼女「さっきのブーツはなんで気に入らなかったの?」
私「うーん・・・気に入ってたよ」
彼女「え、じゃあさっきのブーツ買おうよ」
私「え・・・高くない?」
彼女「え、そこ気にしてたの?全然いいよ!」
私「え、ほんとに?やった!ありがと!」

ということで、私達はDr.マーチンのお店に戻り、ブーツを買ってもらいました。
なんて良い子なんだ・・・!と感動していたところ、彼女から一言。

「手入れグッズもあったほうが良いからこれも買っておくね」

手に取ったのはオイルや、クリーム、手入れするための布が入ったお手入れキットでした。

神・・・!!!



そうして、3万円弱の買い物を済ませたところで、私達は歩き疲れたため、カフェに入りました。

カフェに入った私達はプリンとケーキをご機嫌で食べていましたが、私のふとした反応で、彼女の機嫌が一変しました。

彼女「明日も会う?」
私「え!?明日も!?」
彼女「・・・・・」


いや、だって仕方なくないですか??土日に連続で会うなんて・・・
土曜日に遊んでそのまま泊まって日曜日の午前中までならまだいいですが、その日は帰る予定だったため、土日両方とも終日デートなんて自分の時間がなくて嫌じゃないですか??

その気持ちが率直に出すぎてしまい、彼女は不機嫌になったというわけです。

その後のカフェでは、あまり話が弾まず、彼女は時折考える顔をしていました。

きっとこの辺から私達の歯車は狂ってきたのかなと思います・・・。


その後、予約していた映画を観に行きました。
ハロ~ハ~ロ~ハロウィ~ン、プペプペ~プペル~という音楽をききながら、隣にいる彼女とイチャイチャしていました。

映画の後も彼女は、ご機嫌そうだったので、機嫌がなおって良かったと私は思いました。

映画のあと、映画館から5分の私の家でのんびりしていました。

私のベッドでピロートークをしていると、なぜかセフレの話になりました。

彼女「前セフレいたって言ってたけど、セフレってどんな感じなの?」
私「デートも行くし、飲みにも行くし、泊まりにいくだけってのもあるよ。何ならやってることは、そんなに彼女と変わらないよ」
彼女「じゃあ彼女とどう違うの?」
私「束縛できるかできないかかな。セフレが誰と遊んでようが何も言えない。彼女なら遊んだら文句言える」
彼女「束縛できる権利なんて彼女もないと思うんだけど・・・」


こんなやり取りをしました。
その後、また話していると、私の腕の中にいる彼女は、少し沈黙してニッコリ笑って言いました。


「セフレになろ?」


え????聞き間違い?
私がポカンとしていると、再度彼女は言いました。


「セフレになろ?」


えええええええええ!?!?!?
セフレ!?!?!?正気かこいつ?


私「冗談だよね・・・?」


彼女「いや、本気だよ」


・・・え?なんで?
さっきまでイチャイチャしてたよね?
うーん・・・。しかも今も全然ご機嫌に見えるし・・・。


彼女「かいりは、飲み会行くときとか連絡しないよね。けど、私が連絡してってかいりに言って、連絡してもらうのも嫌なんだよね。自主的に連絡してほしいの」
私「え、じゃあ連絡するようにするよ」
彼女「けど、それじゃ私が連絡させたことになるじゃん。それは嫌なんだよね」

え・・・それじゃあもう詰みじゃん・・・。

彼女「価値観って変わらないと思うんだよね。だからもう無理だと思う」

諦めはっや!!

まあ正直に言えば、俺もこの子とこの先ずっと付き合うのは、疑問があった。顔はすごい好き、性格もすごい好き、夜の相性もめっちゃいい、けど、少しぽっちゃりなのが厳しい。

付き合っているうちに痩せればと思ったが、話をきいている感じだと、痩せる気配はない。

これは逆に好機か・・・!?

私から告白した手前、今後なかなかフる決心はつかない。そして、そのままずるずる付き合ったら、時間を無駄にする・・・。

しかも、自分からセフレになろうと言い始めている。ただ、別れられるだけではなく、セフレになれるならありがたい・・・!

渡りに船だ!
よし、決めた!未練があるかんじで悲しみながらも、セフレになる方向で行こう!

この思考の間、1秒。

私「本当にまいのこと好きだし、これからも付き合いたかったけど、こればかりはお互いの合意がないと続けられないことだと思う。本当に残念だけど、まいとは別れるしかないのかな」
彼女「うん・・・」
私「けど、俺としてはまだ会いたいから、まいの言う通り、セフレとして会うってことでもいい?」
彼女「いや、よく考えたら私、セフレとかなるの無理なんだよね。だから普通に別れよ」
私「え、じゃあもう会わないってこと?」
彼女「うん。そう」


な、な、なにー!?
そんな馬鹿な!?
まさかのどんでん返し!くうううう。バチが当たったか・・・。

その後、少し話して、手つなぎながら駅まで送りました。

帰り際話していると、悲しい顔をしていたので、私は彼女にこうききました。

私「どうしたの?切り替えられないの?」
彼女「そんなにすぐ切り替えられるわけないじゃん・・・」


手も繋いでるし、これはもう一回会える流れだな?よしよし。(我ながらクズだ・・・)

そう思い別れたのでした。



後日談

実は後日もう一度会って、3回Hしました。けど、それ1回きりで、もう会うことはありませんでした・・・。

そして、私は再びマッチングアプリの海へ潜ったのでした・・・。

ちなみに、セフレになろと言った理由としては、セフレなら嫉妬とかしなくて済むから、楽だなと思ったんじゃないかなと思います。後々の発言をきいたかんじだと。

では、皆さん、また今度!

-マッチングアプリ, 恋愛

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

関連記事

交際8ヶ月の彼女に自宅で謎解きプロポーズをした話

こんにちは!かいりです!私は付き合って8ヶ月になる彼女がいるのですが、先日私から彼女にプロポーズをしました。その際に私が作った謎を彼女に解いてもらい、最後にプロポーズするという手法を取ったのですが、そ …

【2021年9月時点】コロナでも池袋で20時以降飲めるお店(居酒屋、bar)紹介

こんにちは!かいりです! 現在はコロナでお酒が飲めないお店ばかりだと思いますが、デートしたいときなどお酒を飲みたくなるときってありますよね。 今日はそんな方のために、このご時世でもお酒が飲めて20時以 …

Omiaiを2年間続けた結果報告

こんにちは!かいりです!2年間、Omiaiを続けていましたが、先日彼女ができたので、2人で退会することになりました。 この記事では、これまでの2年間の結果を簡単に報告したいと思います。 彼女は、2人で …

マッチングアプリのプロフィール写真設定

今回は月200いいねをもらう私が、マッチングアプリのプロフィール写真について書いていこうと思います。マッチングアプリ歴1年半、出会った女の子50人の私が出した回答を皆さんに伝えられればと思います。

【実例付】シンプルが一番!マッチングアプリでのご飯の誘い方

今回は月200いいねをもらう私が、マッチングアプリのご飯の誘い方についてお伝えします!